前へ
次へ

教育関係の仕事をするには

教育関係の仕事をしたいというと、真っ先に挙げられるのは教師になることです。つまり学校の先生になること

more

親の教育の本質を知る

親が子供に対して教育をしているのは、子供にとって良い教育の場合もあれば悪影響を及ぼす場合もあります。

more

教育は子供が小さい時からの意識づけが大切

教育と一口に言っても色々とあります。どこの家庭でも教育方針はあるので、どれが正しいのかというのも判ら

more

親の言いなりにする教育

教育にも様々な種類がありますが、親が子供を教育するときにどうしても行ってしまうスタイルがあります。それは、親が子供を自分のいいなりにしてしまうことです。よくある例としては、子供を良い大学に入れて良い会社に就職させると言う流れです。なぜこのようなことをすることが親のためになるかと言えば、一見子供のためでありながら実は親の見えがそこに見え隠れしていることが理解できるでしょう。親としては、世間体を気にする人が多く、世間体を気にすると可能な限り良い結果を出したいと考えるはずです。そこで、見栄を張るために子供を良い大学に入れて良い会社に入れたいと考えるわけです。では子供のためになっていないかと言えば、決してそのような事はありません。子供のためにもらっている事は間違いないでしょう。だから、世間的には子供のためにそのような育て方をしていると言い、子供に対してもあなたのためにこのような教育をしていると言うかもしれないです。ただ実際は、1番の目的は親の見栄のためです。ここで気がついて欲しいのは、親自身も自分の親から親の見栄のために教育を受けてきた可能性が高いと言うことです。あるいは見栄がなくても、親の都合の良いように育てられた可能性が高いと言うことです。大人になって自分の人生を生きていないと感じる人が多いですが、これは多くの場合親の教育の影響を受けていると考えて良いでしょう。例えば、仕事に行きたくなくてうつ病になる人が多いです。うつ病になる原因が全て親のせいとは言い切れませんが、少なくとも親が自分の見栄のために入れた学校や会社等は本人に会っていない可能性もあるわけです。いい会社に入ることがその人のためになるのではなく、実はその人がやりたいことをやることが1番その人のためになると言えるでしょう。その現実を知らない多くの人が悩み苦しんでいます。親からコントロールを受けていた場合でも、それを排除することは難しいですが、大人になって自分がコントロールを受けていたことを認識するだけでもその後の人生が大きく変わってくるでしょう。

別れさせ屋

https://ecoloop-osaka.jp/

LIVE株式会社

Page Top